時間を有効に使うのではなく、有効な時間を増やす

時間を有効に使うための方法や、より生産的に過ごすための方法について書籍を見つけることがあります。私は、他の社会人とほぼ同じ労働時間を仕事に使っていると思います。時間という物理的な条件は同じです。そのため、他の人と差を作るためには、いかに限られた時間を有効に使い、自分の時間の中で価値を想像できるかが課題です。その課題を達成する上で、それらの書籍は大いに役立つと思います。
ですが、現在の自分の生活を振り返ると、特別なことをしなくても、日常的にしていることを無くしていけば、きっと有効な時間は増やすことができるのではないかと思っています。
というのも、私の1日の中で無駄に思えること、無駄な情報を収集している時間が多くあると感じるからです。例えば、ニュース番組の中で、有名人の不倫スキャンダルは私の人生にはほとんど影響しない内容だと思います。全く自分の人生に関わりのない人が、プライベートな時間に何をしていようと私には全く関係しないでしょう。
そんなニュースを見る時間をなくせば、きっと私の有効な時間は増えるだろうと思います。何かをいかに早く済ませるかよりも、しなくてもいいことを見つけ、無駄な時間を省いていくことがより簡単なのではないかと考えています。

時間を有効に使うのではなく、有効な時間を増やす